​  中野ブラザーズ 75周年記念公演 in TOKYO  

75th_visual_3.jpg

公演概要

踊り続けて75年。兄・中野啓介と弟・中野章三の兄弟で、戦後まもなく結成したタップダンスデュオ・中野ブラザーズ。戦後の復興期から⾼度経済成⻑期を経て、昭和の芸能界をリズミカルに駆け抜けてきた中野ブラザーズ。兄亡きあとも、弟・章三が⼀⼈でその名を守り続けてきました。⽇本のタップダンス界をけん引し続け、そのエレガントなステップで多くの芸能⼈やダンサーにも影響を与えました。75周年記念公演では、現役最⾼齢タップダンサーとして、円熟珠⽟のタップダンスエンターテインメントショーをお届けします。

二人の宣材写真2_1_edited.png

​information

更新日:​2022年2月8日

名称:中野ブラザーズ75周年記念公演 in 東京
会場:東京芸術劇場 シアターウエスト
開催⽇:2022年11⽉5⽇(⼟)・6⽇(⽇)の2⽇間
公演数:2⽇間で3回公演を予定
料金:未定
主催:⼀般社団法⼈中野ブラザーズタップダンス連盟
共催:⼀般社団法⼈⽇本エンターテイメント連盟
後援:株式会社Global Entertainment-JAPAN/ANB Tap Dance Studio
主演:中野ブラザーズ 中野章三
特別ゲスト:後⽇発表
ゲスト:緒⽅ ⽂(タップダンサー・中野ブラザーズファミリー福岡代表)
⽩井博之(タップダンサー・中野ブラザーズファミリー関⻄代表)他
ダンサー:中野ブラザーズ 所属ダンサー約20名
振付:中野ブラザーズ 中野章三 中野啓介
構成:⼆部構成
上演時間:約2時間(休憩含む)